沼津薬剤師会について > 支援センター薬局

支援センター薬局

快適かつ健康的な学校環境衛生の維持、向上を図るため、「学校環境衛生基準」により、学校薬剤師としてぎょう虫卵検査、プール水・飲料水検査、児童・生徒への薬学講座などを行います。
さらに、薬物乱用防止、住民の医薬品等適正使用の向上・啓蒙のため、薬学リーダーとして活躍します。


幼稚園でプール水や飲料水の安全を確認しています。


薬学生の実習を受け入れています。認定実務実習指導薬剤師2名。


<処方箋調剤>
月平均30施設の医療機関より処方箋を受け付けています。

<在宅医療(訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導)>
医療機関への通院が困難な近隣の患者さん宅へ訪問し、医療機関・地域包括支援センター等と連携して服薬管理(訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導)を行います。
また、沼津市の家族介護用品支給事業として、紙オムツ等の配達も行っています。


在宅訪問の様子です。お薬を患者さん宅に
お届けし、服薬管理指導を行います。

<一般用医薬品、医療用具、介護用品等販売>
特殊な滅菌ガーゼ、テープ、介護用品等の販売・相談を行っています。

<無菌調剤>
前室を含め24.2㎡ のクリーンルームを所有し、TPN(在宅中心静脈栄養法)、モルヒネ持続皮下注入法に用いるポンプの充填、点眼薬の調製等に使用しています。


TPNの調製中です。患者さん宅へお届けします。


約1500品目の医薬品を備蓄し、地域の保険薬局への備蓄医薬品供給支援を行っています。
窓口受け取りの他に、沼津市・裾野市・長泉町・清水町の2市2町の沼津薬剤師会会員薬局へ配送も行います。


▲ ページの先頭へ