トピックス > 一般公開

一般公開

「高脂血症と新薬クレストール」 塩野義製薬(株)学術部

鎮痛作用はあるが呼吸抑制しないため安心して使用できる。

中枢性α2作動薬
・新しい治療(抗サイトカイン療法)・・・レミケード
 抗炎症性サイトカインと比べて炎症性サイトカインの過剰分泌がみられる。生物学的製剤の利点
・効果発現が速い(当日〜1週間以内に1/3の人に効果発現)
・効果持続・疾患のコントロールが良好に保てる。・QOLの改善

リウマチ治療のゴールと掲げる①②に効果がみられる。
 リウマチ関連ホームページ
 「リウマチ情報センター」http://www.rheuma 適切な間隔をあけてから投与を開始する。


*残薬所持の確認および併用不可の指導*
・糖尿病が強く疑われる人は2002年で740万人、2010年には1000万人に達すると推定されている。
 合併症として貧血、肺病変、NSAIDsによる消化性潰瘍、薬剤性腎障害がある。
・ブイフェンドは、アムホテリシンBに比べて優れた有効性・生存率が認められている。
・糖尿病が強く疑われる人は2002年で740万人、2010年には1000万人に達すると推定されている。
 合併症として貧血、肺病変、NSAIDsによる消化性潰瘍、薬剤性腎障害がある。


「麻酔のあれこれ」
静岡医療センター麻酔科医長 渡海 裕文先生

・麻酔科医とは・・・医師であり標榜医である。
・麻酔の歴史・・・麻酔が進歩したのは100〜200年程のこと
・麻酔とは
 ①痛みのない状態をつくる。
 ②生体の他の重要な機能の抑制状態をつくる。

・現在汎用されている麻酔薬
 オノアクト
 *短時間作用型で使いやすいβ1ブロッカーであり、抗不整脈作用がある。
 アナペイン
 *長時間作用型で、運動神経は遮断せず知覚神経のみ遮断できる。

・新しい麻酔薬
 プレセデックス-人工呼吸抜管前後の鎮静
 *鎮痛作用はあるが呼吸抑制しないため安心して使用できる。
 *中枢性α2作動薬


平成24年7月11日(水) 19:15〜20:30
沼津薬剤師会 医薬分業推進支援センター 2階
【製品説明】 「プロトピック軟膏」 マルホ株式会社
【特別講演】 「アレルギー性疾患の治療〜アトピー性皮膚炎を中心に〜」
          聖隷三方原病院 副院長 皮膚科部長 白濱茂穂先生


平成25年11月28(木) 19:30〜20:45
1.「外用剤全般の知識」
        ・主薬と基剤の関係
        ・経皮吸収に及ぼす影響
        ・剤型の種類と適する皮膚症状
2.「外用剤の使い方」
        ・塗布量
        ・塗布タイミング
        ・ムンテラ

 演者 マルホ株式会社 学術部
                     (認定研修1単位)


平成25年12月12日(木)19:30〜21:00
「ジェネリックの製剤開発について」
      沢井製薬(株) 取締役兼常務執行役員
      研究開発本部長 横浜 重晴
「平成26年度診療報酬改定について(調剤報酬改定)」
      沢井製薬(株)名古屋支店管理課営業
      学術担当 濱田 崇
                   (認定研修1単位)
     


▲ ページの先頭へ